おざわクリニック
03-3992-8686
お問合せ

良くあるご質問

歯周病
歯周病とは

歯周病とは

歯周病と全身の関わり

歯周病と
全身の関わり

歯周病検査

歯周病検査

歯周内科治療

歯周内科治療

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病の治療症例

歯周病の治療症例

歯科予防指導

歯科予防指導

PMTC

PMTC

デンタルエステ・ホワイトニング

デンタルエステ・
ホワイトニング

歯周病
歯科治療に関するコンシェルジュ
歯周病Q&A
歯周病チェック表

歯周病Q&A

当院によく寄せられる、歯周病に関する質問と回答を掲載しています。 歯周病に関する疑問をお持ちの方は、まずはこちらをご覧ください。 こちらに掲載していない疑問がありましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

Q 歯周病はどのような病気ですか?
A 口の中にいる細菌の出す毒素によって、歯肉(歯茎)や歯槽骨(歯を支える骨)などの歯周組織が炎症を起こし、破壊されていく感染症です。
Q 歯周病になるとどのような症状が出ますか?
A 歯肉がむずがゆい、歯肉が腫れる、歯肉から血が出る、歯がぐらつく、食べ物を噛みにくい、口臭がするなどの症状が出ます。
Q なぜ歯周病になるのですか?
A 口の中にいる細菌が食べかすを栄養源として増え、『プラーク』(歯垢)という物質を作り出し、そこが細菌の住みかとなって毒素を出すからです。
Q 『歯周病』と『歯槽膿漏』はどう違うのですか?
A ほぼ同じ意味です。『歯槽膿漏』は歯肉からうみが出ている症状だけを指しており、歯周病の症状のひとつなので、ひとくくりに『歯周病』といわれています。
Q 歯周病は自然に治りますか?
A 治療しなければ治りません。症状の進行度によって治療方法が異なるので、症状に合った治療を受けましょう。
Q 歯周病はどのように治療するのですか?
A 症状の進行度によって治療方法が異なるので、症状に合った治療を行ないます。軽度であれば、適切な歯磨きを続けることで健康な歯肉を取り戻すことができますが、重度になると、フラップ手術(歯肉を切開して、奥深くの汚れを実際に見ながら取り除く)などの外科手術を行なうこともあります。
Q 中高年以上の人のほうが歯周病になりやすいのですか?
A 必ずしもそうではなく、子どもや若年層の方でもなります。歯周病は、以前は中高年以上の方の病気とされていましたが、最近では、年齢に関係なく誰もが発症する可能性のある病気とされています。
Q 歯周病はうつりますか?
A 歯周病は感染症なので、うつる病気です。細菌は唾液を介してうつるので、お子さまに口移しで食べ物を与えるのは控えましょう。
Q 歯周病は遺伝しますか?
A 歯周病自体が遺伝することはありませんが、歯周病になりやすい要因は遺伝することがあります。日本人の30%の方が歯周病になりやすい遺伝子を持っており、歯周病になる確率は、持っていない方の約20倍といわれています。
Q 歯周病を治療しないとどうなりますか?
A 発症後、放置していると進行する一方で、最終的には歯を失ってしまいます。糖尿病や心臓病などの全身疾患につながることもあります。
Q 歯並びと歯周病は関係ありますか?
A 関係あります。歯並びが悪いと、歯ブラシがきちんと届かず、細かいところまで丁寧に磨くことが難しくなり、磨き残しが多くなりがちです。そのため、歯周病にかかる可能性が高くなります。
Q たばこを吸うと、歯周病になるのですか?
A 歯周病になったり、悪化させる可能性が高くなります。たばこの煙に含まれる有害物質が粘膜や歯肉から吸収されます。また、血行が悪くなることで、歯肉に悪影響を及ぼします。
Q 口呼吸をすると、歯周病になるのですか?
A 歯周病になったり、悪化させる可能性が高くなります。口で呼吸をすると口の中が乾燥します。そのため、唾液で細菌を洗い流す力が弱くなり、細菌が増えてしまいます。
Q 妊娠中は歯周病になりやすいのですか?
A 『妊娠性歯肉炎』という病気になる可能性が高くなります。妊娠中は性ホルモンの変化によって歯肉炎が発症しやすい状態になるので、妊娠前よりもケアに気をつかいましょう。妊娠中でも検診を受けられるので、定期的に受診しましょう。
TOPへ