おざわクリニック
03-3992-8686
お問合せ

歯周外科治療

歯周病
歯周病とは

歯周病とは

歯周病と全身の関わり

歯周病と
全身の関わり

歯周病検査

歯周病検査

歯周内科治療

歯周内科治療

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病の治療症例

歯周病の治療症例

歯科予防指導

歯科予防指導

PMTC

PMTC

デンタルエステ・ホワイトニング

デンタルエステ・
ホワイトニング

歯周病
歯科治療に関するコンシェルジュ
歯周病Q&A
歯周病チェック表

歯周病の外科治療

歯周外科治療とは

『歯周外科治療』は、外科手術による歯周病治療の総称です。 歯周病治療には、歯周外科治療のほかに薬を飲んで治す『歯周内科治療』もありますが、歯周外科治療は、フラップ手術(歯肉を切開して、奥深くの汚れを実際に見ながら取り除く)などの外科手術を行なって歯周病を治すものです。

歯周病の基本的な治療を行なうことで、歯周病は改善しますが、下がった歯肉や深くなった歯周ポケット(歯と歯肉の境目)は簡単に元に戻るわけではありません。そのため、歯肉や歯周ポケットの状態を改善する場合には、歯周外科治療が必要になります。
また、再発の危険性を抑えるために歯周外科手術をお勧めすることもあります。

歯周外科治療とは

歯周外科治療の種類

歯周ポケット掻爬術

歯周ポケットの深さが4~6mm程度の場合に行なう手術で、歯肉切開の必要はありません。
歯周ポケットの内側にある、炎症を起こした歯肉・汚染されたセメント質(歯根の表面を覆う組織)・歯根に付いた歯石などを取り除き、歯槽骨の形状を整えます。
歯肉を切開しないので一見簡単に思えますが、実際に見ながら治療できないため、技術が必要となります。

フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)

歯肉を切開して、奥深くの汚れを実際に見ながら取り除く手術です。
歯肉を切開して歯槽骨(歯を支える骨)から剥がし、歯根や歯槽骨を露出させます。
炎症を起こした歯肉・汚染されたセメント質(歯根の表面を覆う組織)・歯根に付いた歯石などを取り除き、歯槽骨の形状を整えます。
歯根の表面を滑らかにした後、殺菌・消毒し、歯肉を縫合して歯周ポケットが浅くなるようにします。

根面露出時の結合組織移植術

根面露出(歯肉が下がって歯根の表面が見えてしまっている状態)の部分に、口の中の別の部分から採取した組織を移植する手術です。
根面露出していると知覚過敏や虫歯になりやすく、露出部分が大きいと歯自体の安定性が悪くなります。また、見た目も美しくありません。
この手術をすることにより、根面露出が改善され、見た目が美しくなります。

TOPへ