おざわクリニック
03-3992-8686
お問合せ

歯周病検査

歯周病
歯周病とは

歯周病とは

歯周病と全身の関わり

歯周病と
全身の関わり

歯周病検査

歯周病検査

歯周内科治療

歯周内科治療

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病の治療症例

歯周病の治療症例

歯科予防指導

歯科予防指導

PMTC

PMTC

デンタルエステ・ホワイトニング

デンタルエステ・
ホワイトニング

歯周病
歯科治療に関するコンシェルジュ
歯周病Q&A
歯周病チェック表

歯周病の検査方法

歯周病の検査では、主に口腔内写真撮影、歯周基本検査、レントゲン写真撮影を行ないます。
検査結果によって歯周病の症状や進行度がわかるので、その方に合った治療計画を立てます。

歯周病の検査方法

口腔内写真撮影

口腔内写真撮影では、歯肉の色や腫れ具合い、歯石の付着具合いを検査します。 歯周病の歯肉は赤く腫れており、血やうみが出るのが特徴です。

基本検査

基本検査では、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)の深さと歯のぐらつき具合いを測ります。

歯周ポケットの深さの測定結果と歯周病の進行度

3 mm以内 正常
4~5mm 軽度~中等度
6~7mm 中等度~重度
8 mm以上 重度

歯のぐらつきの測定結果と歯周病の進行度

動揺度0 ほとんど動かず正常
動揺度1 歯が前後1方向に動く軽度の歯周病
動揺度2 歯が前後・左右の2方向に動く中等度の歯周病 
動揺度3 歯が前後・左右・上下の3方向に動く重度の歯周病

レントゲン写真撮影 ─直接見えない部分の検査が可能─

レントゲン写真撮影では、歯槽骨(歯を支える骨)の状態など直接見えない部分や、歯石の付着具合いなどを検査します。 レントゲン写真を撮ると、骨は白く、空洞は黒く映りますが、歯周病が進行していると、歯槽骨が吸収されて少なくなっているため、黒っぽく映ります。

レントゲン写真撮影 ~直接見えない部分調べることができます
TOPへ