おざわクリニック
03-3992-8686
お問合せ

歯科予防指導

歯周病
歯周病とは

歯周病とは

歯周病と全身の関わり

歯周病と
全身の関わり

歯周病検査

歯周病検査

歯周内科治療

歯周内科治療

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病の治療症例

歯周病の治療症例

歯科予防指導

歯科予防指導

PMTC

PMTC

デンタルエステ・ホワイトニング

デンタルエステ・
ホワイトニング

歯周病
歯科治療に関するコンシェルジュ
歯周病Q&A
歯周病チェック表

歯科予防指導

歯周病は、適切な処置を行なっていれば予防することができます。 予防法には、主に以下のようなものがあります。

TBIについて

『TBI』はTeeth Blushing Instructionの略で、歯科衛生士が正しい歯の磨き方を指導することです。
「毎日きちんと歯磨きしているのに、歯周病になってしまった」という方は、自分ではきちんと磨いたつもりでも、実際は磨けていないということが多いものです。とくに、歯並びが良くない方や磨き方に癖がある方は、細かいところまで丁寧に磨くことが難しいため、磨き残しが多くなりがちです。
当院では、ひとりひとりの歯並びや磨き方の癖を踏まえて、その方に合う適切な歯の磨き方を指導しています。また、歯ブラシやフロス、歯磨き剤の選び方についてもアドバイスしています。
歯磨きは毎日必ず行なうものです。適切な歯磨きを習得することが、効果的な歯周病予防への近道です。

TBIについて

RPについて

『RP』はRoot Planing(ルートプレーニング)の略で、専用器具で歯周ポケット内部の歯石を取り除き、歯の表面を滑らかにしてプラークをつきにくくする処置のことです。
まず、ルートプレーニングの前に『SC』(Scaling:スケーリング)という処置を行ない、専用器具でプラークや歯石、付着した汚れを取り除きます。その後、歯周ポケット内部の歯根部分に付着したプラークや歯石、付着した汚れを取り除きます。この処置を行なった後は、歯根の表面がでこぼこの状態になっているので、そのままにしておくとプラークが付着しやすくなってしまいます。そのため、でこぼこを平らにして表面を滑らかに仕上げる必要があります。
ルートプレーニング後も、再びプラークや歯石が付着しないよう、適切な歯磨きを継続することが大切です。

RPについて

生活習慣指導について

歯周病の原因は、プラークや歯石など口の中の環境にもありますが、生活習慣にもあります。 何気なく行なっている生活習慣が、歯周病の発症や進行に関わっているので、自分の生活習慣を振り返り、以下のような点がないか確認しましょう。思い当たる点がある方は生活習慣を見直し、改善に努めましょう。

たばこを吸う

たばこを吸うと、たばこの煙に含まれる有害物質が粘膜や歯肉から吸収され、歯周病になる危険性が高くなります。

間食が多い

細菌は糖分を栄養源して増え、プラークとなるため、頻繁に間食して飲食して口の中に糖分が多い状態が続くと、歯周病になる危険性が高くなります。

よく噛まずに食べる

よく噛まずに食べると唾液が十分に分泌されず、細菌が繁殖しやすくなり、歯周病になる危険性が高くなります。

ストレスや疲労を溜める

ストレスや疲労が溜まると免疫力が低下し、歯周病になる危険性が高くなります。

TOPへ