おざわクリニック
03-3992-8686
お問合せ

歯周病と全身の関わり

歯周病
歯周病とは

歯周病とは

歯周病と全身の関わり

歯周病と
全身の関わり

歯周病検査

歯周病検査

歯周内科治療

歯周内科治療

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

歯周病の治療症例

歯周病の治療症例

歯科予防指導

歯科予防指導

PMTC

PMTC

デンタルエステ・ホワイトニング

デンタルエステ・
ホワイトニング

歯周病
歯科治療に関するコンシェルジュ
歯周病Q&A
歯周病チェック表

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病が「歯を失う原因になる」という、口の中の問題だということは、多くの方が認識しています。しかし最近では、全身にもさまざまな影響を及ぼすことがわかってきています。
歯周病の原因は細菌ですが、歯肉が炎症を起こすと、歯肉の中に入り込んだ細菌や細菌の作り出す有害物質が血液の中に流れ込み、血管の中に入り込んで全身の器官に広がっていきます。これらの細菌や有害物質が、さまざまな全身疾患と関わっているのです。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病と関連がある疾患

歯周病と糖尿病

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが悪くなり、血液中の血糖値が異常に高くなる病気です。
この状態が長く続くと血管に負担がかかり、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害などの合併症が起こります。
歯や口との関連では、血流障害が起こるため歯周組織が酸素不足の状態になり、栄養障害が起きて細菌が繁殖しやすい状態になります。糖尿病は全身の免疫力が低下するため、歯周組織は細菌に抵抗することができません。また、糖尿病になると唾液の分泌が低下するので、口が渇く症状が出ます。そのため、細菌がますます増殖することになります。

このように、糖尿病は歯周病を悪化させる原因になりますが、逆に歯周病が糖尿病を悪化させる原因になることもわかっています。
歯周病による炎症が長期化すると、その過程で作り出されるサイトカイン(抗原がリンパ球に結合したときにリンパ球から分泌され、感染防御や生体機能の調節などの役割を果たして疾患の発症を抑制する蛋白質)が増えます。
このサイトカインがインスリンの働きを阻害するため、糖尿病と歯周病の両方を患っている方は悪循環となります。

歯周病と糖尿病

歯周病と心臓・血管障害

細菌が歯肉の血管から全身に広がり、動脈の血管壁に感染します。これが動脈硬化の原因の一つになっています。 歯周病の方は、歯周病でない方に比べ、狭心症や心筋梗塞になる危険性が約2倍高いとされています。

歯周病とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームは、生活習慣病である肥満、高血圧、高血糖、高脂血症を併せ持った状態をいいます。このような状態は動脈硬化が進みやすく、心筋梗塞や脳血管障害を引き起こしやすくなります。
肥満の方は、肥満でない方に比べ、歯周病になる危険性が3〜8倍高いとされています。肥満と糖尿病を併せ持っている方はメタボリックシンドロームが進行しやすく、歯周病も発症しやすくなります。
メタボリックシンドロームは食生活と深く関係しているため、栄養バランスの良い食事をよく噛んで食べることが大切です。そのためにも、健康な歯が欠かせません。

歯周病と心内膜炎

心内膜炎は、心臓の内側に細菌が感染する病気です。内膜炎の原因菌の約半分は口の中の細菌といわれており、それが心臓の弁膜に感染して心内膜炎を引き起こします。
先天性の心疾患で心臓の弁に障害がある方や、ペースメーカーをつけている方は感染しやすいので注意が必要です。

歯周病と誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまうことで起こる病気です。
食べ物の中には口の中の細菌が混ざっています。そのため、食べ物が誤って気管に入る誤嚥を起こすと、高齢の方や、全身疾患のために免疫力が低下している方の肺は、感染を引き起こしてしまいます。

TOPへ